『ペリリュー:楽園のゲルニカ 6』、武田一義作画、白泉社、2019年。

太平洋戦争末期の1944年、パラオのペリリュー島において、日本軍と米軍が激突しました。

「ペリリューの戦い」と呼ばれています。

凄絶な戦闘でした。

この戦いをマンガで再現したのが、今回紹介する『ペリリュー』です。

良質な戦争マンガ。

史実を丸っこく可愛らしい絵柄で活写しています。

わたしは第1巻に接した際、丸っこさ、可愛らしさに、しばらくとまどいました。

やがて慣れ、「むしろこんなに深刻な物語にはこちらのほうが正解だ」とさえ感じだしているところです。

もしもリアルな劇画タッチだったら、続出する悲惨なシーン、われわれ読者にはきつかったことでしょう。

本作の大きな特徴は、日本人兵士が主人公ながら、日本軍・米軍のどちらにも偏らず、かなり中立的な語り口で話がすすむ点です。

作者(1975年生まれ)は「何々が悪い」と糾弾するのではなく、戦争自体の理不尽さ、戦闘のむごたらしさ、命の脆(もろ)さ・尊さ、を淡々と描かれました。

公平で冷静な作品です。

印象的な作品でもありました。

わたしは多数の戦争マンガを読んできているわけではないものの、これまで目をとおしたなかでは、

水木しげる作画『総員玉砕せよ!』、講談社(1973年)

バロン吉元作画『昭和柔侠伝』、双葉社(1973年)

ちばてつや作画『紫電改のタカ』、講談社(1976年)

手塚治虫作画『紙の砦』、講談社(1983年)

おざわゆき作画『凍りの掌:シベリア抑留記』、BE LOVE(2015年)

などが強く印象にのこっています。

戦争体験がない世代に属する身ですが、戦争が恐怖および絶望である事実を認識させてもらいました。

『ペリリュー』も人を同様の読後感に至らせる力を有していると思います。

わたしにとって本書は上掲5編に匹敵する一冊となるでしょう。

金原俊輔